細菌は死んでからも種の繁栄のために働く

病原菌に侵されない体を築くには、何歳になっても細菌とおおらかな気持ちでふれあい、腸に積極的にとり込む生活を心がけることが大事です。

外から侵入した細菌の多くは、もともといる常在菌や免疫システムに邪魔をされ、生き残れません。しかし、それでよいのです。その死に際、細菌は自分の仲間を増やす因子を出します。細菌という目に見えない小さな生物の、ここがすごいところです。ただ単に命を閉ざすのではなく、死んでからも種のさらなる繁栄のために働くのです。

腸には約1000兆個という細菌がいます。その大半は、もともと私たちの身の回りや食べ物に生息していた菌たちです。乳児期を過ぎて外から侵入してきた菌たちは、酸度の高い胃を通過するのも難しく、生きて腸まで届いたとしても、腸にすみつくことはできません。しかし、たくさんの菌が腸に侵入し、死に際に仲間を活性化する因子を出してくれることで、常在菌たちは数を増やし、活動力を高められるのです。

最近は、美容と健康に熱心な人たちの間で「菌活」が流行っています。結婚に向けて活動するのが「婚活」、体に優良な菌を食生活にとり入れる活動が「菌活」、腸内環境を整える生活は「腸活」というそうです。「菌活」も「腸活」も、腸内フローラを活性化するという目的は同じです。しかしその方法論を見ていると、発酵食品や食物繊維など食生活ばかりが問題にされ、身の回りの細菌とおおらかに接する重要性が見落とされています。

「菌活」「腸活」に勤しむかたわら、殺菌や除菌作用を持つ化学製品を身の回りのものや服、靴などに吹きかける人たちがいます。こんなのはおかしなことです。テーブルや手をアルコール除菌するのは、愚かなことです。洗い過ぎは、自らキタナイ状態をつくる行為です。身の回りにいる菌は、みんな常在菌の活性化に働いてくれています。その共生関係を断ち切っては、人が健康でいることなどできないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です