短鎖脂肪酸の意外な効果とは?

脂肪酸とは、油脂を構成する成分の一つです。体が活動するためのエネルギー源となる他、細胞膜の材料となったり、余剰分は脂肪となって脂肪細胞に蓄えられたりします。油脂は、常温で固体のものを「飽和脂肪酸」といって「脂」と記され、常温で液体のものを「不飽和脂肪酸」といって「油」と分類されます。

短鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の中の一種です。飽和脂肪酸は、炭素の連なりの短いものから「短鎖脂肪酸」「中鎖脂肪酸」「長鎖脂肪酸」と3分類されます。短鎖脂肪酸は、炭素の数が6個以下のものを指します。バクテロイデス門の腸内細菌は、この短鎖脂肪酸を食物繊維やオリゴ糖をエサとすることでつくり出しているのです。

短鎖脂肪酸の大半は、大腸が活動するエネルギー源となります。小腸で吸収しきれなかった水やミネラルを吸収したり、腸管の上皮細胞を増殖させたり、粘液を分泌したりという仕事の際に、この善玉物質は活用されます。

短鎖脂肪酸には、酢酸や酪酸、カプロン酸という3つの種類があります。たとえば、酢酸はお酢に含まれる酸っぱさのもとになる刺激成分です。短鎖脂肪酸がつくられるせんどうと、腸内に酢のような酸性成分と刺激成分が広がります。そうして大腸で有害な菌が増殖するのを抑えてくれるのです。

加えて、短鎖脂肪酸には大腸の粘膜を刺激して嬉動運動をうながす働きもあります。動運動とは腸管が収縮する動きのことで、これによって内容物は前へ前へと移動していきます。腸の蠕動運動の活発化は、腸内細菌にとって大事なことです。外界にいる多くの細菌は、体の表面の鞭毛という細い毛を使って移動します。ところが、腸内細菌は鞭毛が少ないのです。腸では動運動によってエサが次々に運ばれてきます。腸内細菌は自ら移動する必要がないため、鞭毛が発達しなかったのでしょう。

動運動がしっかり行われる腸では、腸内細菌がエサを得やすいので腸内フローラの働きがよくなり、免疫機能も活性化します。反対に、矯動運動が弱まると腸内細菌は満足にエサを得られず、免疫機能の働きが停滞します。矯動運動の弱さは、便秘という症状となって体に表れます。

さらに、短鎖脂肪酸は全身の働きにも欠かせない栄養素であることが、明らかになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です